マニーちゃんねる

2chで話題になっているお金に関する科学、ネタ、ニュースなどの 事柄をまとめるブログ【マニーちゃんねる】

    2chで話題になっているお金に関する科学、ネタ、ニュースなどの 事柄をまとめるブログ【マニーちゃんねる】

    年収

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    server-1235959_1920
    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/12(木) 19:37:15.21 ID:CAP_USER
    NTTデータが2018年12月に導入した高額報酬制度の「Advanced Professional(ADP)」。優れた技術者を2000万円を超える年収で遇する同制度の適用第1号がこのほど明らかになった。その人物の横顔に迫ろう。

     適用第1号となったのは、ビッグデータ処理のオープンソースソフトウエア(OSS)「Apache Hadoop」の事業を同社で立ち上げたことで知られる濱野賢一朗氏だ。1980年6月生まれの39歳。同社はADP制度を発表した際に「確定申告が必要な額になる給与」、つまり年間2000万円を超える給与になると説明していた。濱野氏の給与は標準報酬だけで2000万円を超え、業績に応じて年収は最大3000万円に増えるという。

    米国IT企業に対抗すべく高額報酬制度を導入する日本のIT企業が相次いでいる。しかしその適用者が明らかになるケースは珍しい。濱野氏は、2019年9月5日に開催されたNTTデータのカンファレンスに登壇し、自らADPの適用対象になったことを明らかにした。

     NTTデータは濱野氏に続いて、著名なOSSの開発プロジェクトに「コミッター」などとして参画する技術者2人にADPを適用した。ADPが名ばかりの制度ではなく実際に対象者がいるのだと対外的に示すことで、社外からの優秀な人材の獲得に弾みをつける狙いがある。

    煩雑な管理業務からも解放
     給与が高くなるだけではない。ADPの対象者は業務内容や予算執行に関する権限や裁量も大きくなる。通常のケースでは同社の従業員は課長や部長といった職位に応じて権限が決まっている。それに対してADPの対象者は、経営陣が対象者ごとにそのミッションや権限を個別に設定する。

     濱野氏は技術開発本部先進基盤技術グループの「エグゼクティブ・エンジニアリング・ストラテジスト」に就任。「NTTデータは事業規模で(ITサービス事業者の)グローバルトップ5に入ることを目標に掲げているが、テクノロジーの面でもグローバルトップ5に食い込めるような技術的な取り組みを進めていく」(濱野氏)という。管理職ではないので、日本の大企業特有の煩雑な管理業務からは解放される。「管理業務は別に担当する人がいる」(同)ため、濱野氏は戦略の立案や企画の実現に専念できる。

     これまでのNTTデータは成果を上げた技術者を管理職に「昇格」することでその労に報いてきた。実際に濱野もHadoop事業を軌道に乗せた後、2016年から2018年まで秘書室課長として、最高技術責任者(CTO)を補佐する任務に就いていた。今後は未来ではなく現在の高い報酬と、煩雑な管理業務ではなく専門性を生かせるミッションが濱野氏に与えられることになる。
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/02854/

    17: 名刺は切らしておりまして 2019/09/12(木) 20:05:22.22 ID:6Pbci0xU
    >>1
    民間企業はともかく、NHKには年収2000万円以上はいっぱいいるんだろう
    そっちを問題にしろよ

    28: 名刺は切らしておりまして 2019/09/12(木) 20:50:22.38 ID:jpE79q1v
    >>23
    んなわけないNHKの給与担当が知り合いでいるが40歳記者で1300万もらってる。天下りしてエンタープライズの役付になれば50歳で2000万超えてくる。

    58: 名刺は切らしておりまして 2019/09/12(木) 22:24:30.19 ID:uEWrHQSq
    >>1
    所得税で半分もってかれるんだろ
    FXなら8割が手元に残るぞ

    66: 名刺は切らしておりまして 2019/09/12(木) 22:56:57.24 ID:d/mdpHDQ
    >>1
    やっと技術者が報われる時代が来たか

    【【IT】39歳で年収2000万円超え、NTTデータ「大盤振る舞い」制度の適用第1号が判明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    men-1979261_1920
    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/07(月) 18:26:50.03 ID:lLhYu3EE
    グローバルウェイは1月7日、「広告宣伝系職種の年収が高い企業ランキング」を発表。キャリコネユーザーによる投稿をもとに、広告宣伝系職種の平均年収が高い企業をまとめたもの。

     1位:ソニー(平均年収782万円)
     2位:日産自動車(平均年収766万円)
     3位:リクルートホールディングス(平均年収755万円)
     4位:ベネッセコーポレーション(平均年収718万円)
     5位:NEC(日本電気)(平均年収700万円)
     6位:ソフトバンク(平均年収698万円)
     7位:NTTドコモ(平均年収672万円)
     8位:キヤノン(平均年収644万円)
     9位:楽天(平均年収635万円)
     10位:富士通(平均年収631万円)
     1位はソニー。社員からは「仕事もやりがいがあり、満足のいく報酬を得られます。上司とのコミュニケーションについても、将来の目標設定や現状の課題など、ざっくばらんに話ができる風通しの良さがあります。ハードルは高く設定され、仕事の質や考え方を問われますが、それに見合った報酬を得られます」(商品企画/30代後半男性/900万円/2010年度)などの声が届いている。

     2位は日産自動車。社員からは「新卒採用の場合、10年はほぼ横並びであるが、30歳を過ぎたあたりから個々人の能力およびその評価に応じて、地位・報酬は変わってくる。一方、中途採用の場合は、前職の地位も踏まえたポジションが与えられるため、若くして高い地位につくこともある。傾向は部門によっても異なり、本社部門は実力主義に近い」(マーケティング関連職/30代前半男性/760万円/2010年度)などの声がある。
    http://ascii.jp/elem/000/001/793/1793976/

    13: 名刺は切らしておりまして 2019/01/07(月) 18:58:14.83 ID:DM5Ez2LE
    >>1
    意外だわ
    有名企業でも、それほどもらってないんだね

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/01/07(月) 18:37:35.53 ID:embOFJJC
    中小企業の二代目の俺は3600万だわwww

    93: 名刺は切らしておりまして 2019/01/07(月) 22:49:22.84 ID:yrBXtE7M
    >>2
    お前の代でつぶれるな・・・

    【【企業】ソニー平均給与782万円でトップ 広告宣伝系の年収ランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    dollar-499481_1920
    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/30(日) 16:51:20.46 ID:CAP_USER
    平均年齢35.9歳、平均年間給与2088万円。大阪に本社を置くキーエンスの有価証券報告書(2018年3月期)にはほかの企業ではめったに見られない高収入が記されている。東洋経済オンラインの各種年収ランキングでもつねに上位に位置し、製造業では断トツの高収入だ。

    高収入は激務の裏返しではないか――。インターネット上などではブラック企業とのうわさも流れる。同社評の1つが、「20代で1000万円超え、30代で家が建ち、40代で墓が建つ」。平均勤続年数が12.2年とそれほど長くないことから、稼ぐだけ稼いで独立するというイメージもある。

    こうした見方に対し、キーエンスの経営情報室長の木村圭一取締役は「厳しい働き方を求めているわけではないし、若手の裁量度がとても高い会社だ」と語る。高収入は会社の成長と高収益を社員に還元している結果だという。

    営業利益率は脅威の50%超え
    経済産業省の企業活動基本調査によれば製造業の売上高営業利益率は4.7%(2016年度実績)である。それに対し、キーエンスの2018年3月期決算は売上高5268億円、営業利益2928億円と営業利益率にして約55%という驚異的な水準をたたき出した。成長も継続中。2008年3月期決算は売上高2006億円、営業利益1023億円だったので、10年で3倍弱の成長を遂げたことになる。

    同社が手掛けるのは、FA(ファクトリーオートメーション)にかかわるセンサーや画像処理システムである。FAとは工場の生産工程を自動化するために導入するシステムのことだ。生産ラインにおいて正確な製造作業や不良品の排除を行うために、物の位置を精密に測定するセンサーや画像処理技術はFAにとって重要となる。

    国内の労働人口減少や新興国の人件費高騰などによって省人化が求められ、FAを必要とする企業は年々増している。同社の業績が近年目立って好調なのは、良好な外部環境によるところが大きいことは確かだ。

    売上高のうち5割強が海外。その内訳は詳細には開示されていないが、「アジア向けが約4割、北中南米向けが約3割、欧州向けが2割」(関係者)という。国内、海外を問わず、各地域で満遍なく売り上げが立っており、販売地域が分散されていることが同社の安定感につながっている。
    https://toyokeizai.net/articles/-/257794

    94: 名刺は切らしておりまして 2018/12/30(日) 20:09:13.66 ID:nsfqSpi2
    >>1
    日本の企業なの?
    この企業が好調だと、日本も好調なの???

    そもそも、何が好調なの?
    日本好調なの???

    意味が解らないし、よくわからない。

    >>1に戻る・・・
    (´・ω・`)よくわからない・・・

    96: 名刺は切らしておりまして 2018/12/30(日) 20:21:18.70 ID:3RQwEJcM
    >>94
    ここは、機械装置に使う部品を作ってるところよ
    あとマイクロスコープとかの画像装置も作ってる
    一般顧客は相手にしてない会社なの

    あと似たような会社にSMCってのもある
    一般には知られてないけど、物凄く有名な会社ってのは存在する

    【【企業】年収2000万円!謎めいた「キーエンス」の実態】の続きを読む

    このページのトップヘ