マニーちゃんねる

2chで話題になっているお金に関する科学、ネタ、ニュースなどの 事柄をまとめるブログ【マニーちゃんねる】

    2chで話題になっているお金に関する科学、ネタ、ニュースなどの 事柄をまとめるブログ【マニーちゃんねる】

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    robot-1797548_1920
    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/18(金) 16:57:05.65 ID:CAP_USER
    セブン-イレブン・ジャパンは10月16日、レジなし店舗の実証実験を17日に始めると発表した。NTTデータが実験用に用意した模擬店舗で購買体験や店舗運営の課題を検証する。一般の客は利用できない。

    来店客はスマートフォンアプリ上に表示したQRコードをゲートにかざして入店し、商品を手に取ってそのまま退店できる。代金は、事前登録したクレジットカードなどで支払う。客が持ち出した商品は、店内のカメラと陳列棚の重量センサーで把握する仕組みだ。

    セブン-イレブン・ジャパンは、今回の実験を通じ、省力化・無人化につながる検討の他、新しい出店形式や効率的な店舗オペレーションの立案、より顧客が買い物をしやすくなる環境づくりなどを行うという。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/16/kf_seven_02.jpg
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/16/news132.html

    3: 名刺は切らしておりまして 2019/10/18(金) 17:01:04.62 ID:bSMPV55+
    チキン、コロッケを買うのはどうするの?

    16: 名刺は切らしておりまして 2019/10/18(金) 17:27:47.89 ID:nqSwteYQ
    >>3
    そういうのは取り扱いしない。

    あと言うまでもないが定価販売だから。

    【【小売】セブンが「レジなし店舗」実験 NTTデータが協力、運営の課題など検証 】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    statistics-706381_1920
    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/20(日) 02:39:54.26 ID:CAP_USER
    約半数の人が投資に興味を持っており、投資実践者の投資先は株式投資が59.0%で最も多く、投資信託とNISAが続いた。

    カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と株式会社SBIネオモバイル証券は、20歳から69歳の男女1万32名を対象に「投資に関するアンケート調査」を実施し、その結果を10月4日に発表した。

     投資への興味について聞くと、50.8%の人が「ある」(ある・どちらかというとあるの合計)と回答。年代別では30代が最も投資に興味を抱いており、年齢が上がるにつれて投資に対する興味がやや薄れていく傾向があった。
    https://yz-cdn.shoeisha.jp/static/images/article/216504/216504_05.png

    続いて、興味のある投資方法について複数選択で聞くと、「株式投資」が33.2%で最も多く、以下「NISA」23.1%、「投資信託」18.8%、「iDeCo」14.2%、「外貨預金」13.8%の順で続いた。年代別では50代から60代では「株式投資」や「投資信託」に人気がある一方で、20代から30代の若年層では「NISA」「iDeCo」「FX」「仮想通貨」などに人気があった。
    https://yz-cdn.shoeisha.jp/static/images/article/216504/216504_01.png

     現在の投資の状況を聞くと、「現在も投資をしている」が25.5%、「過去に投資をしていたが、現在はしていない」が7.1%、「これまで投資をしたことがない」が67.4%だった。現在も投資をしている人に投資先を複数選択で聞くと、多い順に「株式投資」59.0%、「投資信託」41.9%、「NISA」41.3%、「外貨預金」18.7%、「債券(国債、社債)」13.3%となった。

     一方、マネックス証券は9月6日から9日にかけて「MONEX個人投資家サーベイ 2019年9月調査」を実施し、その中で株主優待に関するアンケートを実施した。調査対象は同社に口座を保有している個人投資家678名。

     株主優待の有無が投資判断に影響するか聞くと、「強く影響する」が14%、「影響する」が44%、「あまり影響しない」が34%、「全く影響しない」が8%となった。魅力を感じる株主優待について聞くと、「QUOカード等の金券」(398名)、「自社製品のプレゼント」(331名)、「買い物券」(195名)、「飲食店で使える割引券」(183名)、「カタログプレゼント」(168名)の順で多く、使い勝手の良い金券類に魅力を感じている投資家が多かった。
    https://yz-cdn.shoeisha.jp/static/images/article/216504/216504_04.png

    また、株主優待がある銘柄の購入時期を聞くと、「株価をウォッチしておいて株価が下がったら買うことが多い」が42%、「購入時期は特に決めていない」が37%、「その銘柄が気になったときにすぐ買うことが多い」が12%、「権利付き最終売買日の直前に買うことが多い」が6%、「銘柄ごとに買う時期を決めている」が4%だった。

     個人投資家の多くが株式投資に興味を持っており、株主優待は投資判断に一定の影響を与えているようだ。
    https://moneyzine.jp/article/detail/216504

    23: 名刺は切らしておりまして 2019/10/20(日) 07:10:23.88 ID:ydN5/AMA
    >>1
    まあ普通の人間はこの種のものにはかかわらないほうがいいよ。
    10億くらい財産を持っている人間が、
    1億くらいドブに捨てても構わないと思うことができたときやれば良いよ。

    32: 名刺は切らしておりまして 2019/10/20(日) 09:03:52.79 ID:QbbfuHPK
    >>23
    おおきな間違い
    ほとんどの社会活動は株式会社で行われていて
    その利益は配当で還元されるということが見落とされている

    【【金融】個人投資家は「株・NISA・投信」に興味あり、株では58%が「優待重視」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    telephone-586266_1920
    1: ムヒタ ★ 2019/10/16(水) 11:07:51.76 ID:CAP_USER
    スマートフォン(スマホ)経由の消費が一段と盛り上がっている。日本経済新聞社が実施した「第8回ネットライフ1万人調査」で、最近1年間にスマホを使って買い物をした金額は前年調査比で16%増え、年間4万7200円となった。特に旅行などではネット比率が50%を超えているほか、店頭でのQRコード決済の普及もあり、スマホが消費の中心となっている実態が浮かび上がった。

    インターネット通販などの直近1年の買い物…
    2019/10/16 10:19
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51017990V11C19A0TJ1000/

    2: 名刺は切らしておりまして 2019/10/16(水) 11:21:24.96 ID:8N3pqqAD
    スマホアプリ使わないと割引しないように誘導してるから使ってるだけ
    ちゃんと調べながらパソコンのでかい画面で注文したいんだが

    11: 名刺は切らしておりまして 2019/10/16(水) 12:27:09.26 ID:6TwkaFCu
    >>2
    そういうのよくあるけど店側になんのメリットがあるのかね?

    12: 名刺は切らしておりまして 2019/10/16(水) 12:30:35.42 ID:6HapqGhB
    >>11
    店側は関係ない
    ecのモバイルシェア争い

    【【IT】スマホを使った消費、年4.7万円に 】の続きを読む

    このページのトップヘ